歯科医療事務とはなんなのか

歯科医療事務の仕事内容と必要な資格

これから増えるであろう歯科医療事務を知っておこう

どういう人たちなのか

そもそも歯科医療事務とはどういう人たちなのでしょうか。

簡単にご説明させていただきますと、一般的な医療事務という職業は診察の際に発生する治療費や保険適用の額などの診療報酬の計算をして、その請求業務を患者さんにしていく人たちです。
それに歯科がついていますので、歯医者さんでの医療事務というものだと思っていいでしょう。

ちなみに、なぜわざわざ歯科医療事務なんて名称がついているのかと言いますと、歯医者さんの治療は内科などのとは違う独自の診療報酬になっているので、他の医療事務との区別をしているのではと思われます。
また、歯医者さん自体も普通の医師免許ではなく歯医者さん専用の医師免許が必要な仕事なので、医療事務にもその流れがあるのかもしれませんね。

他の歯科関係者との違い

ところで、歯医者さんには歯科衛生士さんなど他の歯科関係者も働いていますが、その違いはなにがあるのかご存知でしょうか。

まず歯科衛生士さんとの違いですが、歯科衛生士さんは国家資格になるので患者さんに治療や指導が出来ます。
ですが、歯科医療事務は国家資格ではないので、歯科衛生士さんのように直接患者さんへの治療などが出来ません。

また、歯医者さんや歯科衛生士さんのサポートをしていく歯科助手さんがいますが、歯科医療事務がそれらをすることはまずあり得ません。
歯科医療事務の仕事の基本は受付や会計をすることなので。
ただその歯医者さんによっては、歯科助手さんのような仕事をするかもしれませんので求人内容をよく確認しておくといいでしょう。


この記事をシェアする